じょんするめ

これはイイムラヒロキによるブログです。

トイプードルもフンをする

 

僕は、大学の卒業研究の発表が3/9に控えている。進捗は悪い。同期の中でぶっちぎりで悪い。1月までサボって別のことに熱中していたからだ。天使と悪魔で言えば天使、つまりは清らかな方の自分には悪いことをしたと思っている。すみませんでした。

年の瀬くらいからようやく焦り出し、研究に自分なりには一生懸命取り組んできた。そのおかげでなんとか発表できることはありそうだ、というところまできていた。

 

 

そんな3/5。僕はものすごく後悔をする出来事があった。

ゲームにはまってしまったのだ。普段ならそんなことはない。ある程度のところで切り上げる。しかし今回は相手が悪かった。始めたのは「mother 2」というゲームだったのだ。誰もが耳にしたことがあるだろう。名作としてよく紹介されている。あの糸井重里がプロデュースしていた。ほぼ日手帳の。

(ちなみに糸井重里と僕は誕生日が一緒だ)

 

そして3/5の昼頃から3/6の朝9時まで、ずっとゲームをしていた。

トイレと夕飯の時間以外ずっと。

発表の直前だというのに。

 

 

これはダメである。ダメ男だ。

世界が100人の村だったら100人が「ダメだ」というだろう。

朝9時、エンディングにひとしきり感動した後、やり遂げた虚無感とともに「こりゃダメだ」と思った。これはダメである。

 

オールナイトでやってたので、そのまま4時間ほど眠った後、尽きない後悔とともに、お昼を食べに行った。

遅めのランチをする余裕はあるのかよ、そう思ったあなた。

腹が減っては戦はできぬと言うじゃないですか。ご飯は食べなくちゃいけない。

 

 

やっちまったな〜、そう思いながら覚王山の「玉屋」で唐揚げ定食を食べた。

「ご飯のサイズは?」と聞かれたので「並で!」と答えたのだが、届いたのは超重量級だった。どんぶりに山盛りのご飯。思わずシコを踏みそうになった。

 

 

大量のご飯と格闘し終わった後には僕の後悔はゲームから米の量に変わっていた。なんであんなに多いんだよ...次回からはいきなりステーキ!みたいに頼もうかな。「200グラムで!」って感じで。

 

 

 

その帰り道、トイプードルがうんこしているのを見た。

当たり前だけど、あんなにキュートなトイプードルもうんこをするのだ。僕はその光景を今の自分に重ね合わせた。

 

いつも割と一生懸命で、キュートなイイムラだって、時には屁もするし、サボりもする。徹夜でゲームもするのだ。トイプードルだってそうなのだから、僕がそうしたって構わないだろう。

 

 

そう思うと気持ちが明るくなって、フンをするトイプードルに微笑んだ。

 

 

「トイプードルもフンをする」そう紙に書いて家のトイレに貼った。