読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょんするめ

いろんな記事を気まぐれに書きます。イイムラヒロキが書いてます。Twitter:https://mobile.twitter.com/basket_ittsu

第一志望の企業に落ちてしまいました(会社の名前は書いていません)

突然ですが、第一志望の会社の選考に落ちました。

自分でも早すぎてびっくりしているので、もう一回言います。

第一志望の会社に落ちました。

あ、もちろん会社の名前は言いません。

経緯はとてもシンプルで、早いうちから選考がスタートしていたのですが、ESの次にSPIとレポートの選考があり、そこであっさり落ちてしまいました。

本気でがっかりしています。とても悲しい。こんなに落ち込んだのは久々です。気づいた人はいないと思いますが、なるべく悲しみを周囲に見せないように強がっているので、テンションはいつもより高く見えていることでしょう。その知らせから一週間近く経ちましたが、未だにそれを思い出して、橋の上でジャックパーセルをきちんと並べ、眼下の高さに怖じ気付き、思いとどまって靴を履き直して家に帰ることが習慣になりました。
また、落ちてからきのこ帝国を聴くようになりました。好きな曲は「春と修羅」です。

今日は、気持ちの整理と戒めのためにこの文章を書いています。


原因と改善点を書きます。
原因は、「他のルートの選考があるだろうと勘違いしていたこと」です。2パターンの選考コースがあったので、早い選考と遅い選考の両方受けれると思い込んでいました。しかし、そうではありませんでした。人生はワンチャンスでした。気づいたときにはもう手遅れで、僕は、落ちてました。
他ルートの選考があるという思い込みは、僕に準備の甘さを招きました。さらに、「おれ高学歴だしSPIじゃ落ちへんやろ」と少したかをくくっていました。くそ天狗野郎ですね。故に、SPI対策もろくにせず、それで落ちています。高須クリニックで鼻削ってもらえよアホ。
レポートに関しては、自分の好きなように書きすぎてしまったことがいけないと思っています。会社側の期待は分かっていましたが、それに沿うことは全く面白くないと考えて自分の好きなように、書きました。でも、おそらく実現性が無く、会社の方針軸から外れた僕の論文は、バカの考えた文章だとその目には映ったのでしょう。
ええ、僕はバカです。
もしくは、文章力のないサルです。


今後の解決策。ESやレポートに関しては、自分の、「完全に好きなように書く」という方針を曲げ、会社の好きそうなことに多少は寄せていくことを決めました。負け試合じゃ楽しくありません。結局会社の求めることをしなけりゃ勝てない。だから、自由さとか個性を求める会社だったら思いっきりヤバいこと書きます。でも大半はそうじゃない。悔しいけど、落ちるのは辛いので白旗をあげます。
特にESに関しては、設問を通して何を問うているのかを深く考えないと的外れの回答をしてしまいます。もし、頑張ったことを聞かれているのなら、自分の強みの顕れたエピソードを書いてアピールしなきゃダメですもんね。もう、祈るのは神様仏様だけで十分。頑張ります。
SPIに関しても、それなりに勉強をします。天狗の鼻の高さは、親に謝罪されるほどの元の低さに戻りました。

もう大丈夫。お尻の砂も払いました。

つらつらと反省ばかり書いてきましたが、自分の中で曲げないものはあります。
一つは、「媚びない」こと。あとは、「嘘をつかない」こと。
レポートの内容を会社の期待に寄せていくことは媚びじゃないの?
「それはそれ、これはこれ」です。

もし、どこにも内定がもらえなかったら、僕はアメリカかイングランドに行って適当に暮らそうと、楽観的に捉えるように頑張っています。
今日も気丈に振る舞います。

多分、就活生の皆さんの中にも同じように感じてる人が少数ですが、いるはずです。不器用には生きづらい世の中だと思いますが、死ななきゃなんとかなります。しぶとく生きていきましょうね。

僕の記事を読んで、「バカか」と思っている人たち、あなたたちは正しいです。そのまま、ミルミルでも飲んですくすくと成長して下さい。きっと良い会社に入れますよ。


イイムラヒロキが悲しみをお伝えしました。