じょんするめ

いろんな記事を気まぐれに書きます。イイムラヒロキより。

今年もヴィレッジヴァンガードの福袋を買ってしまった

あけましておめでとう。今年もヴィレッジヴァンガードの福袋を買ってしまいました。

あけた瞬間に後悔。今年もヴィレッジヴァンガードの福袋を買ってしまいました。

はい、そんなわけで今日はヴィレッジヴァンガードの福袋と僕の長い歴史の話をします。

でも、福袋の中身は教えないです。
絶対に中身は教えてあげません。

あ、でも3,500円くれたら教えてあげます。
そしたらもう一個買えるもん。



さてところで僕は高校生の時からヴィレッジヴァンガードの福袋を買ってしまっている。

つまり、僕は高校生の時からヴィレッジヴァンガードの福袋を買って後悔しているのだ。


しかも高校生のときはお金なくてヴィレッジヴァンガードの福袋を買うために、友達とご飯行くのを断って帰宅していた。

つまり、僕の中では友達との数回の楽しいご飯よりヴィレッジヴァンガードの福袋を買った後悔の方が価値があったのだ。意味わかりません。


それでも、福袋らしい福袋を買えるのってもはやヴィレッジヴァンガードだけなんじゃないかな、と思って買ってしまいます。
だって、洋服の福袋はもはや福袋用に作られた服を入れてるだけだし、家電の福袋も割と中身が分かってる。

何が入ってるかまったく分からないというわくわく感を味わえるのは、この世知辛い現代においてもはやヴィレッジヴァンガードの福袋だけだ、と僕は思うのだ。


と、いうわけで僕はきっと来年も1月2日にヴィレッジヴァンガードに向かい、夢の詰まったゴミ袋を買うのだろうな。