じょんするめ

いろんな記事を気まぐれに書きます。イイムラヒロキより。

【毎日エッセイ】後ろめたさ

後ろめたさ

 

後ろめたさが嫌いだ。

 

昨日電話をしていたら、後ろめたさを思い出した。

 

小学校の時、バスケの少年団に入っていた。

 

監督はすごく怖かった。目の前で僕を怒鳴り、時には顔を殴った。

 

そして練習も熾烈を極めた。

毎日、何度も何度も過呼吸になった。

 

これはむしろ防衛本能だった。

過呼吸になったら足を止めてもいい。

 

そんな毎日の中、どうしても練習を休まなければいけない用事がある日も存在した。

 

この日が後ろめたいのだ。

 

夕方、チームメイトは体育館へ。僕はその脇を歩いて帰る。

 

頑張っているみんなに申し訳ない。

家に帰っても練習の終了時刻まで落ち着かなかった。

 

そんな後ろめたさを久々に思い出した。

 

思い出さなきゃよかった。

くそったれ。