読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょんするめ

いろんな記事を気まぐれに書きます。イイムラヒロキが書いてます。Twitter:https://mobile.twitter.com/basket_ittsu

【毎日エッセイ】あざとい猫の話

あざとい猫の話

 

去年の秋頃、散歩をしていたら、公園の近くを通りかかった。

 

恥ずかしながら僕はブランコが好きで、見つけたら乗ってしまうタイプ。

 

その公園もブランコを持っていた。

なので、1人で座って漕いでいた。

 

漕いでいるうちに、その公園には猫がたくさんいることに気づいた。

 

その時はたくさんの猫を眺め眺めしては喜んでいた。

 

 

ある晩、夜1時過ぎごろ、バイトが終わったあと、気まぐれにその公園に行ってみたら、猫が寄ってきた。

 

白黒の子で、かわいいなあと思っていたのだが、その子は人間に慣れていて、ひとりでに鳴くし、すごい擦り寄ってくる。

 

はじめはかわいくてとても楽しかったのだけれど、ふと、自分のうちに、なんか違うなと違和感がむくむく大きくなってきた。

 

まるで奇妙な夢を見させられているみたいな気分で(その夢にはピンク色した象が出てきて僕を囲んで一晩中踊るのだ)

 

僕は帰りたくなった。

 

なので、形式的さよならをして、僕はその公園を後にした。

 

いまでも時々その公園には行くけど、その猫に再び会うことはなかった。

 

 

疲れていたのかもしれない。