じょんするめ

いろんな記事を気まぐれに書きます。イイムラヒロキより。

【毎日エッセイ】珈琲

珈琲

 

3ヶ月前くらいにコーヒー豆をコーヒーにできるように、器具を一式揃えた。

コーヒーミル、ドリッパー、ケトル、メジャー、ペーパーフィルター。

 

それ以来ちょくちょくコーヒーを淹れるのだ

 

ケトルに200mlくらいの水を入れて火にかける。

ミルの調節ねじを10回カチカチ...と回して挽いたあとの粒の大きさを適切にする。

コーヒー豆をミルに入れてハンドルを回す。カカカ...

お気に入りのマグカップの上にドリッパーとフィルターをセット。おっと、フィルターの縁を折り曲げるのを忘れないようにしなきゃな。

そして挽きたてのコーヒーをそっと乗せる。

そろそろお湯が沸く頃。沸騰してからほんの少しだけ冷ます。

そしたら、まずはお湯をコーヒー粉の上に少しだけ置く。蒸らす。ジャスタモーメント、プリーズ。

そのあと真ん中でできるだけ小さい円を描くようにお湯を注ごう。

もこもこもこ、泡が膨らんでくる。

お湯の高さはなるべく一定に。

あらかた注いでしまったら、残りのお湯が落ちていくのを眺めよう。

これは僕の持論だけど、最後まで落ちてしまうと、コーヒーが酸っぱくなってしまう気がするので、ドリッパーに少し、お湯が残っている状態で、完成だ。

 

コーヒーを入れている時間ってとても贅沢だと思う。

でも一口目を飲むその一拍前はもっと贅沢だ。