じょんするめ

いろんな記事を気まぐれに書きます。イイムラヒロキより。

【毎日エッセイ】夏の路面について

夏の路面について

 

ふと、夏って暑いんだよなあ、と思った。

なんで、そんなの当たり前じゃんと思うかもしれないが、一応理由はある。

ここ最近毎日インターンシップに行っている。

だから、全然暑くないのだ。

社会人って夏を忘れていないのかな。

 

夏の暑さと言えば、僕は路面を連想する。

灼熱の太陽に照らされて、熱せられた鉄板のように熱そうなアスファルト

高校の時の通学路がまさにそうだ。

僕は毎日バスケットボールの練習に向かうために自転車を立ち漕ぎしながら学校に向かっていた。

皮膚科の前の、長くて少しだけ登り坂になっている、まっすぐな道。

その道をひいひい言いながら漕いでいた。

僕の中の路面のイメージはその状況だ。

 

あの時の逃げ水は今もまだ残っているのかな。